糖質制限ダイエットを行う上での3つの注意点

糖質制限ダイエットを行う上での3つの注意点

最近注目されている糖質ダイエットには様々なメリットが存在します。このダイエット法は摂取する糖質の量を制限し、身体に存在する脂肪を減らすというものです。

 

 

 

本来、摂取された糖質はエネルギーに変換されます。しかし一度にたくさんの糖質を摂取するとインシュリンというホルモンンが分泌され、これが糖質を脂肪に変換してしまうのです。その後脂肪は体の隅々に運ばれていき、結果として肥満が生じてしまうのです。このような状況を防いでくれるのが糖質ダイエットというわけです。

 

 

このダイエット法を行うためには糖質の摂取量を制限する必要がありますが、その他の食べ物を制限する必要はありません。このような大きなメリットの存在する糖質制限ダイエットですが、気をつけなければならないことがあります。まず食べ物のチョイスです。糖質の摂取を制限すると聞いて、甘いものを控えることを真っ先に考える人は多いはずです。

 

 

しかし糖質は甘味を感じるもの以外にも含まれています。たとえば炭水化物です。ご飯やうどん、そして蕎麦やパスタの主成分は炭水化物です。炭水化物は分解されると糖質へと変化します。そのため食べると血液中に取り込まれる糖質量が一気に上昇し、その結果インシュリンンが脂肪を作り出すのです。そのため糖質制限ダイエットを行う場合、炭水化物の摂取には十分に注意するべきです。しかし炭水化物の吸収を抑えたり、それがゆっくり消化されるなら体内に取り込まれた糖質が脂肪に変換されることはありません。そこで重要な役割を果たしてくれるのが野菜です。食事の際にまずは野菜を食べ、その後、炭水化物を摂取するなら糖質の吸収スピードは遅くなります。

 

 

また蕎麦は炭水化物であるものの十割蕎麦は皮などが含まれているために、糖質の吸収が緩やかになります。そのため炭水化物を摂取したいと感じた場合、十割蕎麦がお勧めです。2つ目の注意点は筋肉の衰えに注意することです。糖質制限ダイエットは生活する上で必要なエネルギーを作り出す分の糖質のみを摂取するという仕方で行われます。

 

 

そのため体を激しく動かす運動などを行うとエネルギー不足になることがあります。このような場合は筋肉が分解されてエネルギーが作り出されることがあり、そのため糖質制限ダイエット中は筋肉が衰えることがあるのです。そのため筋トレを意識して行ったり、筋肉を作りだすタンパク質を含む食材を摂取するようにするべきです。しかしタンパク質を多く含む食材の中には、プリン体を多く含むものがあります。

 

 

そのため闇雲にタンパク質を多く含むものを食べるなら体内の尿酸が多くなり、痛風などが引き起こされる可能性が高くなります。そのためプリン体が多く含まれるレバーや肝、そして魚の干物などは食べ過ぎないようにします。これがちゅいすべき3つ目の点です。このように炭水化物の食べ過ぎに注意すること、筋肉が衰えないように気をつけること、そしてプリン体の多い食材を食べ過ぎないことに気をつけ、糖質制限ダイエットを行うようするべきです。