筋肉の範囲が広い箇所から順番に鍛えていくと効率良く筋力アップ

筋肉の範囲が広い箇所から順番に鍛えていくと効率良く筋力アップ

効果的に筋力を付けるためのトレーニング方法ですが、トレーニングのインターバル30秒程度にする必要があります。

 

 

筋トレをして疲労が回復してしまうと次の筋トレをしても効果が薄くなってしまいます。身体に疲労が蓄積していくと身体に乳酸が溜まっていきます。溜まった乳酸により成長ホルモンが分泌されていく為、インターバルは非常に重要な要素となります。一つの筋トレをしている時には、インターバルを常に意識して取り組むと効果的に筋力をつける事が出来ます。

 

 

次に効果的な方法として一度に全身の筋力を鍛えるのではなく部分的に鍛えていくと良いです。特に腹筋や大胸筋といった筋肉の範囲が広い箇所から順番に鍛えていくと良いです。広範囲の筋肉を先に鍛える事で体全体の代謝が上がるため脂肪が燃えやすくなります。脂肪が燃焼しやすい状態で細かい筋肉を順番に鍛えていくと効率良く筋力アップする事が出来ます。

 

 

 

一点に集中して筋トレをする事で効率良く的確に筋力が付いていきます。次に筋トレを進めていく中で次第に筋力が身体に付いていきます。同じ筋力トレーニングメニューでは、マンネリ化してしまい筋肉の成長が止まってしまいます。同じメニューを繰り返すのではなく段階を踏んで新しいトレーニング方法を取り入れる事が大切です。新たに筋肉に刺激を与える事で身体の代謝もアップして脂肪が燃焼しやすくなります。

 

 

メンタル的にもメニューが変わる事で新鮮な感覚になり継続しやすくなります。身体にかける負荷や筋トレの回数を変える事で飽きずに続ける事が出来ます。筋トレ中は休憩を取る事も大切です。三日程度筋トレをせずに間隔を空ける事で筋肉の量が休憩前よりも増量します。次にウエイトトレーニングでは、筋肉に高い負荷を与える事が重要です。短い時間、回数で高い負荷を掛ける事で筋肉が効率良くアップします。

 

 

筋力トレーニングをする際には、効率の良い方法で行う事が大切になります。